• Facebook
  • Twitter

メール:corowood_learning@aqua.plala.or.jp

電話:070-7542-5600

 (指導中で電話に出られない場合には折り返し連絡します)

 

《受付時間》

※午前10:00~午後9:00

(コロウッド休業日の水・日曜日を除く)

※電話に出られない場合には折り返します。

 お名前とメッセージを残してください。

※いただいたメールについては、2営業日以内に返信します。

 資料請求や問い合わせ、ご相談は下記のメールまたは電話にてお願いします。

お問い合わせ
【大切な薬の説明】

<今日のストーリー>

日本到着後に、ずっと食べたかった『寿司』を食べたルイ。

しかし、その直後に気分が悪くなりクリニックにやってきた。

<Dr. Itoの診察開始
ハ  ロ  ー    ル   イ    ア イ ム ドクター イトウ ア イ ム  ユ  ア   ド ク タ ー  トゥ デ イ

Hello, Louis. I’m Dr. Ito. I’m your doctor today.

(こんにちはルイ。医師の伊藤です。今日あなたの担当をします。)
 ハ  ウ    メ  イ  アイ ヘ ル プ ユ ー   トゥ デ イ

How may I help you today?

(どうしましたか。)

<Dr. Kiwi’s point 1>

患者の名前を正しく呼び、自己紹介をして信頼関係を築きましょう

初めて診察する場合には、相手の名前を必ず確認し、場合によっては、『何と呼んでほしいか=How Shall I call you?』を確認し、希望の名前で呼ぶ。

Mr.○○のように苗字で読んだ方が良い場合と、下の名前で呼んだ方が良い場合がある。

ウ ェ ル   アイ ハドゥ   ス  シ   フ ォ ー マ イ  ラ  ン  チ  トゥ デ イ  エ ン ド ス  ー    ナ フ タ  アイ フェルト バット

Well, I had sushi for my lunch today and soon after, I felt bad.

(お昼に寿司を食べたら、直後に気分が悪くなって。)
ア イ ム ソ ー リ ー トゥ   ヒ  ア   ザ ッ

I’m sorry to hear that.

  ワ  ッ    カ イ ン  オ ブ  ス  シ  ディ  ジュ ー  イ ー ト   ル  イ
What kind of sushi did you eat, Louis?
(それはかわいそうに。ルイ、何のお寿司を食べたの?)
<Dr. Kiwi’s point 2>

患者の病状や苦しみ、不快感に共感の意を示す!

『Sorry to hear that』は定番の表現なので必ず覚えて使うようにする。

アイ スィ ン ク    サ ー モ ン     トゥ ー ナ   ア ザ ー  フィッシュ エ ー ン  メ イ ビ ー シェ ル フィ ッ シュ

 I think, salmon, tuna, other fish and maybe shellfish.

(サーモンとマグロ、他の魚と、多分貝だと思います。)
​アイ ス ィー    ハ  ブ  ユ ー   エ バ ー  イ ー トゥ ン  ス  シ      ル   イ

I see. Have you ever eaten sushi, Louis?

(なるほどね。ルイ、今までにお寿司を食べたことはある?)
ノ ー   イッ  ワ ズ  マ イ  ファースト タ イ ム   アイ  ル ッ ク トゥ フォー  イーティング   ス  シ    イン  ジャパン

No, it was my first time. I looked for eating sushi in Japan!

(初めて食べたんです。日本で寿司を食べるのを楽しみにしてきたの!)
<Dr. Kiwi’s point 3>

観光客特有の病気や、症状、訴え、その原因を常に第一に考えましょう!

▶【初めての場所、人、文化、言葉、長旅の疲れ、食生活や水の違いによって生じやすい病気や症状】

寝不足や疲れによる脱水症状風邪てんかん発作片頭痛腹痛めまい発熱

初めて食べた食べ物調理法の違いによるアレルギーアレルギーのような症状 ⇒ 腹痛、下痢

頭皮や頭髪の乾燥かゆみ痛み皮膚疾患の悪化

▶環境(人ごみ等)の違いによる呼吸器疾患の悪化 ⇒ 喘息発作

▶感染症(日本入国前に滞在した国や機内での感染によるものなど)

特に感染症やアレルギー症状は非常に危険な状況を生み出す恐れもあるので、慎重に対応する。

オーケー   デ ィ  ジュー  ボ ミ ッ ト    ル   イ
O.K. Did you vomit, Louis?
(そっか。ルイ、気持ちが悪くて吐いたりした?)
ノ ー  アイ ジャス  フェ ル  ライク  ス ロ ー イ ン グ ア ッ プ

No. I just felt like throwing up.

(いや、ただ吐きそうな感じになりました。)
 ウ ェ ル   イッ  サ ウ ン ズ  ラ イ ク  ユ  ー   ハ  ブ  ア ン  ア ナ レ ジー トゥー シェルフィッシュ

 Well, it sounds like you have an allergy to shellfish.

(おそらく、貝のアレルギーだと思うよ。)
アイ キャン   ギ ブ  ユ ー  ア ン  ア ナ レ ジー テ ス ト トゥー  メ イ ク   シュ ア   イッ  ワ ズ   ザ   コ ー ズ  イフ  ユ ー   ウ ォ ン
I can give you an allergy test to make sure it was the cause if you want.
(希望するならアレルギー検査をして、貝アレルギーが原因かどうか特定できるよ。)
​ドゥ アイ レ ア リ ー   ニ  ー     ザ   テ ス ト

Do I really need the test?

(どうしても検査しなきゃダメですか。)
<Dr. Kiwi’s point 4>

命に関わるような緊急の場合を除き、検査をする際は必ず本人の同意を得ましょう!

勝手に治療を進めると、以下のように患者さんの負担、または危険にしてしまう場合があります。

・保険の関係で、治療費の自己負担(一旦自費で支払う)が大きくなる

・何か持病などを持っていて、危険な場合がある

・検査方法や治療方法が異なり、患者が不安になる場合がある

・検査後に何か起きた場合に、大きな問題になる恐れがある等

医療者は、医療行為について必要な情報を十分に提供し、医学的な判断を明確に示したうえで、患者さんの自己決定権を尊重しましょう!!
 ユ  ー  キャ ン   チェ ッ ク   ワ ン ス   ユ  ー  ゲ ッ  バッ ク  トゥー  ユ  ア   カ ン ト リ ー

You can check once you get back to your country.

(帰国後に自分の国で検査しても大丈夫だよ。)
​アイ キャ ン   ギ ブ  ユ ー   サ  ム     メ ディ ス ン    トゥ デ イ
I can give you some medicine today.
(今日は薬を出しておくから。)
プ リ ー ズ ア ボイ ド シェ ルフィッシュ ティル  ユ ー  ドゥー  ジ  ア レ ジ ー   テ ス ト
Please avoid shellfish till you do the allergy test.
(アレルギー検査をするまでは、貝は食べないようにしてね。)
​  ユ  ー   メ  イ    ハ  ブ  ス ト レ ン ジ  フィ ー リ ン  イ ン  ユ  ア   ス ロ ー ト   オ ア  ユ  ア   ス キ ン   メ  イ    ビ  カ  ム    イ ッ チ ー 
 You may have strange feeling in your throat or your skin may become itchy.
(喉に違和感を感じたり、皮膚が痒くなったりするかもしれないよ。)
​イフ  ユ  ー フィール   ディフィカルト  トゥー  ブ リ ー ズ  コ ー ル   ザ  クリニック  アズ  ス ー ン  アズ  ポッ シ ブ ル
If you feel difficult to breathe, call the clinic as soon as possible. 
(もし呼吸が苦しくなったら、すぐにクリニックに電話して。)
<Dr. Kiwi’s point 5>

治るまでにどのようなことが考えられるかを明確に伝えましょう。

薬の種類や量、使用方法、副作用などについても説明し、今後起こり得る症状や対処法、原因も伝える。

見通しを伝えることで、患者も安心することができる!!

※旅行中は、必要以上の不安が症状を悪化させる場合もあるので、患者が安心できるよう心がける。

オー ケー    セ   ン  キ ュ  ー  ド ク タ ー

 OK. Thank you Doctor.

(わかりました。ありがとうございます。)

ドゥー ユ ー    ハ  ブ   エ ニ ー  コ ン サ ー ン ズ オア  ク エ ス チョ ン ズ   ル   イ

Do you have any concerns or questions, Louis?

(何か心配事とか分からないこととかある?)
 ノ ー    ナ  ウ アイ フィール  ベ タ ー  トゥー  ノ   ー     ザ   ポ ッ シ ブ ル  コ ー ズ

No, now I fell better to know the possible cause.

(ないです。原因が何となく分かったので少し安心しました。)
<Dr. Kiwiのワンポイント>

患者には安心感を与えましょう!!

旅行に由来する病気や症状の場合には、考えられる原因や治療法、見通しなどを明確に伝え患者を安心させる。

異国での体調不良は非常に不安!!タイトなスケジュールでストレスや疲れがたまり、持病が悪化する場合もあります。

患者の意思や希望を最大限に尊重して、治療や診察、助言を行うことが大切です。

同じ治療薬でも、使用量や使用頻度など日本と外国では異なる場合もあるため注意が必要です。