• Facebook
  • Twitter

メール:corowood_learning@aqua.plala.or.jp

電話:070-7542-5600

 (指導中で電話に出られない場合には折り返し連絡します)

 

《受付時間》

※午前10:00~午後9:00

(コロウッド休業日の水・日曜日を除く)

※電話に出られない場合には折り返します。

 お名前とメッセージを残してください。

※いただいたメールについては、2営業日以内に返信します。

 資料請求や問い合わせ、ご相談は下記のメールまたは電話にてお願いします。

お問い合わせ
  • corowoodlearning

【知っトクフレーズ集】“ ファストフード店編 ”

#おもてなし英語 #声かけ #一声のおもてなし #ファストフード注文

こんにちは。

毎日曇り空や雨で、どんよりしますね。


今回は、前回のレストラン編に続き、「海外」でも、「海外からの観光客」にも使える

『ファストフード店で使える』フレーズを学習できる動画を紹介します。

『ファストフード店編』は動画の後半です。

それでは、順に見ていきましょう。

『May I take your order?』

『ご注文をどうぞ?』という意味合いです。

レストランよりも少し砕けた雰囲気での会話になります。

『Anything else?』

『他にはないですか。』という意味です。

一通り注文すると、このように聞かれます。

2人目のお客さんへの対応の様に“ Is that it? ”や、“ Is that all? ”という風に聞かれることもあります。

『 For here or to go?』

『店内で食べるか、持ち帰るか。』という質問です。

場合によっては、一番最初の簡単な挨拶の後に聞かれる場合もあります。

“ Have(eat) here or take away? ”も同じ意味で良く使われます。

幾つか決まった表現があるので、知っておくと便利です。

『No onions, please.』

『玉ねぎは抜いてください。』という意味です。

海外では、好き嫌いや食物アレルギー、宗教的な理由や健康上の理由で、料理に入れてほしくないものを伝えることは珍しくありません。

場合によっては、違う食材に変えてくれる場合もあるので、覚えておくと良いでしょう。

『It’s really yummy!』

『yummy』 は『美味しい』という意味で、『とっても美味しい~!』となります。

ただし、この『yummy』は子どもがよく使ったり、親しい間で使ったりすることが多く、俗語的な色合いが強いので、フォーマルな場所では“ delicious ”“ excellent ”を使うことをオススメします。


他にも、1つ1つ場面に合わせて字幕と一緒に英語を見ることができるので参考にして下さい。