• Facebook
  • Twitter

メール:corowood_learning@aqua.plala.or.jp

電話:070-7542-5600

 (指導中で電話に出られない場合には折り返し連絡します)

 

《受付時間》

※午前10:00~午後9:00

(コロウッド休業日の水・日曜日を除く)

※電話に出られない場合には折り返します。

 お名前とメッセージを残してください。

※いただいたメールについては、2営業日以内に返信します。

 資料請求や問い合わせ、ご相談は下記のメールまたは電話にてお願いします。

お問い合わせ
  • corowoodlearning

【知っトクフレーズ集】“ レストラン編 ”

#おもてなし英語 #声かけ #一声のおもてなし #レストラン

こんにちは。

暑い日が続いていた4月や5月が嘘のように、肌寒い梅雨空が続いていますね。


今回は、「海外」でも、「海外からの観光客」にも使える

『レストランで使える』フレーズを学習できる動画を紹介します。

『レストラン編』は動画の前半の3分程です。

それでは、順に見ていきましょう!!


『How can I help you?』

レストランやお店、病院などで、相手に用件を尋ねる時に使います。

『どういうご用件ですか?』という意味合いです。 


『Can I get you anything to drink?』

『お飲み物はいかがいたしますか。』という意味です。

席に着くと、ウェイターやウェイトレスが『飲み物』の注文を聞きに来ます。


Are you ready to order?』

飲み物が運ばれてくると、食事の注文になります。

『注文はお決まりですか。』という意味になります。

Starter(前菜)、main(メイン)、dessert(デザート)に分かれている場合が多く、デザートはメインを食べ終わる頃に注文するかどうかを聞かれる場合が多いです。


『 It smells so great!』

『smell』は『におい』という意味で、『すっごくいい匂いね~。』となります。

運ばれてきた食事の見た目や香りの感想を述べるのもテーブルマナーの1つとして知っておくと良いです。


他にも、

『Looks delicious!(デリシャス=美味しそうね)』

『It’s excellent!(エクセレント=すばらしいわ)』

などを覚えておくと便利です。


『Could you please pass me the salt, Paul?』

これは『ポール、塩を取って』という意味です。

テーブルマナーの1つで、「手を伸ばしたり」「席を立って遠くの物を取る行為」はNGです。必ず『取ってもらえる?』と頼むのがマナーです。

他にも、1つ1つ場面に合わせて字幕と一緒に英語を見ることができるので参考にして下さい。



次回は、後半の『ファストフードの注文』を紹介します。